新卒採用支援サービスに掛かるコスト

企業における採用管理については、企業の経営基盤を形成するものですから、ある程度のコストが必要となることは致し方ありません。しかしながら、新卒採用については、近年、早期退職が増えており、採用にかかったコストが回収できない実態にあります。さらには、新卒の早期退職による要員不足を中途採用に頼らざるを得ない実態があることから、そこにもコストが掛かっています。こういった状況が続けば、当然、企業経営を圧迫しますから、新卒採用者の育成は非常に大きな課題となっているのです。そこで、最近注目されているのが、新卒採用支援サービスです。これは、企業の人事部門に対して、豊富な経験や高いスキルに基づき、採用管理に関するノウハウを提供するものであり、会社に有益な人材に育成するものなのです。

新卒採用と中途採用に掛かるコスト

新卒を採用するためには、求人広告の出稿をはじめ、会社説明会の実施、採用試験により選考業務、内定者に対する説明会や研修の実施などのために、1人当たり50万円~100万円近いコストが掛かると言われています。つまり、それだけの先行投資を行っているのです。それが、早期退職となると、新卒の採用に投資したコストを回収できないばかりか中途採用の採用に掛かるコストが必要になってくるのです。中途採用の場合、会社説明会や内定者研修を行わない場合もありますので、採用に掛かるコストは1人当たり30万円から60万円程度と低く抑えることができますが、それでも、別にコストは掛かっていますから、企業として痛い出費であることに違いありません。しかしながら、自社における対策には限界があることから、採用管理のプロにその対応を依頼するのです。

新卒採用支援サービスに係る費用

新卒採用支援サービスは、企業の求める人材と応募してきた学生の感覚のズレを修正することで、早期離職者をゼロとし、数年後には会社の中枢として働ける人材の育成をサポートします。具体的には、募集段階で、会社の求める人物像を明確にし、応募者に明確に示すことで、応募者を絞り込んでいきます。さらに、明確な選考基準の基、会社の理念が理解できる人材だけを内定とし、他社に流れていかないよう内定者研修の充実を目指していきます。そこで必要なコストですが、基本的には成功報酬としている業者が多いのですが、1人当たり30万円から70万円が相場となります。決して安価なものではありませんが、先行投資として考えるのであれば、優秀な人材の確保は、その何倍もの利益を会社にもたらすことになりますから、決して高額な先行投資ではないのです。