実際に新卒採用支援サービスを利用した企業の声

新卒採用者の育成については、各企業とも非常に神経を使って取り組んでいるところですが、採用担当者の業務は、それだけに止まらず、非常に多岐にわたっていますから、それだけに傾注できないというのが正直なところなのです。というのも、多くの企業で、少子高齢化の影響により、新規採用枠を埋めることができず、中途採用の雇用に頼らざるを得ない状況です。したがって、採用担当者は新卒採用だけでなく、中途採用の採用業務にも追われているのが実態なのです。こういった企業の悩みを解消するために注目されているのが、新卒採用支援です。これは、企業の採用部門の強化を目的としており、新規採用者に特化した採用計画の立案や採用後の育成計画の立案など豊富な知識と経験を持って提案することにより、会社に有益な人材の育成を実現するものなのです。

新卒採用支援における募集活動の具体的な対策

新卒をターゲットとした募集活動を行う場合、多くの企業で広く浅く、さまざまなメディアに求人広告の出稿などを行なっています。しかしながら、この方法では、募集人数は多くなるかもしれませんが、欲しい人材を見極めるには大きな労力を要します。採用支援ではここに着目し、まず、欲しい人材を明確にし、そういった学生が集まるメディアにしか求人広告を掲載しません。つまり、募集の段階で人材の絞り込みを行うのです。実際に、この方法を取り入れた会社では、募集人数は例年を大きく割り込んでも、採用人数は変わらないという結果が出ています。そのため、採用業務の効率化が図られただけでなく、応募してきた学生の質が高く、良い意味で選考に迷ったという声が数多く聞かれており、今後さらに導入する企業が増えることが予想されています。

新卒採用支援が提案する育成プログラムとは

新卒者の育成も企業にとっては、大きな課題です。ここ数年、入社後の1年未満に退社する新卒者が増えています。その中には、正社員として厳しいノルマに追いかけられて働くよりも、契約社員として楽に働きたいという若者も少なくありません。こういった事例を回避するためには、採用時にしっかりと応募者の気質を明確に把握し、適切な研修プログラムを確立することが大切です。そこで採用支援では、最近の若い人の考え方や、気質を把握した上で、社員育成を行う方法を提案します。そして、それらを踏まえた上で、育成プログラムを提案していくのです。実際に、育成プログラムを実践した企業からは、今までの育成方法は、何年も前から修正していなかったため、最近の若者には受け入れ難い部分があったが、新規に導入したものは違和感なく新卒者も受け入れることができたという声が多く上がっています。